フグ鍋コース  侘助

 一月、二月の侘助のお楽しみは「フグなべコース」です。冬になると、家族で食べられる幸せを満喫させてもらっています。

 昨年の11月からの母の入院、手術で、家の中は暗くなりがちでした。一月に無事に退院できた後も、寒い日が続き、外出もままなりませんでした。しかし、二月も末になると、気温も上がり、ようやく侘助へ行くことができました。

 

フグ皮の紅葉おろし 
f:id:namitofuu:20220307120435j:image

 薄くひいた皮が透明で、見た目にも美しい。その上に朱赤の紅葉おろし。あっさりとしたお料理なのに、まったりとした白子が複雑な味わいのお料理にしてくれています。

 握り寿司
f:id:namitofuu:20220307123353j:image
 厚めに切ったフグの刺身の上に紅葉おろし、白子。あっさりとした白身が白子の濃厚な旨味とまざりあい、なんとも美味しいものです。

 テッサの薄造り
f:id:namitofuu:20220307120509j:image  

 大定番のテッサの薄造りですが、数年前に初めて頂いた時には、あまり薄くないことに違和感を覚えました。でも、しこしことした弾力のある甘味が、次第に口に広がる楽しさを覚えてしまうと、他のテッサがもの足らなく感じるようになりました。

 

 焼き白子

f:id:namitofuu:20220307120543j:image

 これが食べたくて、一年間待っていたような気がするくらいです。焼くことで、まず外側が生ゆばのような食感になります。そして、その中にはトロリとした旨味の固まりが出てきます。噛む必要はないのですが、飲み込むのももったいない‼️口の中で転がして、ゆっくり飲み込んでいきました。喉の奥まで、薄温かいものが降りていきます。

 

 フグ鍋
f:id:namitofuu:20220307120614j:image

 皿にたっぷり盛られたフグの切り身を見た時には、こんなに食べられないと思いました。食べ始めると、ゼラチン質の身があっさりといくらでも食べられました。骨についた身にお行儀悪くしゃぶりつく楽しさ!食べられないなんて言っていたのに、結局完食しました。

 

 唐揚げ
 f:id:namitofuu:20220307120632j:image

  みんな大好き唐揚げ。鶏よりもあっさりとした味わいで、香ばしく、アツアツを頬張るとみんな笑顔になります。

 

 雑炊

 f:id:namitofuu:20220307120659j:image

 f:id:namitofuu:20220307120734j:image

 先ほどのお鍋を雑炊に仕立て直してくださいました。雑炊の旨さは言うまでもないことですが、添えてあるべったら漬けがさっぱりとして、お腹いっぱいなのに、最後の一匙まで美味しく頂きました。

 

 チョコレートプリン いちご ヘーゼルナッツ
f:id:namitofuu:20220307120800j:image

 いつもお腹いっぱいでも、必ずすっとお腹に入るデザートが楽しみです。濃厚なチョコレートプリンに大きなイチゴ。二粒添えられたヘーゼルナッツが、香ばしく歯触りもよく、最後にもう一度笑顔になって、ごちそうさまをしました。

 

 とてもたっぷりとした量でありながら、一品ごとに楽しさがあり、心臓手術後の米寿の母も完食しておりました。

 このコースを頂くと、来年もこのお料理を頂けるように頑張ろうと思います。

侘助のお節

 前回の侘助の帰り際に、レジ横で「お節料理」の張り紙がありました。どうしても、宣伝されている豪華なお節料理には食指が動かなかったのですが、侘助のならば「間違いはないかも」と思って申し込みました。

「どのくらい入っているのですか?」と尋ねると「三人から五人程度の」とのことです。お値段は二万五千円。

 食欲の落ちていた母も「侘助のならば、楽しみだね。」と喜んでいました。残念ながら、その後、心臓手術のために入院となりましたが、来年こそはみんなで味わいたい、素晴らしいお節でした。
f:id:namitofuu:20220111132840j:image
f:id:namitofuu:20220111132855j:image
f:id:namitofuu:20220111132906j:image
f:id:namitofuu:20220111132916j:image
 たっぷり五人前入っていました。見た目も美しく、でも、変わったものが入っているわけではありません。昔ながらのお節が、丁寧に作られていました。

霜月の侘助

 11月に入り、ぐっと冷え込んできました。今年は、まだ松茸を切った食べていません。年に一度くらいはお目にかかりたいものです。そこで、早速、侘助へ。いつもの初午、3500円のコースです。

 前菜は

f:id:namitofuu:20211107203403j:image

柿の白あえ、銀杏の松葉刺し、ぶりのお寿司
鮭の煮凝り。

お椀は


f:id:namitofuu:20211107203717j:image

 土瓶蒸し、中には、ハモ、焼き穴子、海老、松茸。スダチを掛けていただきます。

 お造りは
f:id:namitofuu:20211107204107j:image

 鯛、ぶり、モンゴウイカ。ぶりがとろけるように脂が乗ってウマイ🎵

 蒸し物は

f:id:namitofuu:20211107204134j:image
 栗もちと蕪の炊き合わせ

 揚げ物は
f:id:namitofuu:20211107204150j:image

 海老とししとうの磯辺巻き、舞茸、、サかきの黄身酢掛けツマイモの生麩巻き

 小鉢は
f:id:namitofuu:20211107204208j:image

 かきの黄身酢掛け

 ご飯は
f:id:namitofuu:20211107204215j:image 

 湯葉の餡掛け雑炊

 デザートは
f:id:namitofuu:20211107204221j:image

 カボチャのプリンカラメルジュレ掛け、ナシ

f:id:namitofuu:20211107212225j:image

 

ハートのなみ

 なみは18歳、人間の年では88歳だそうです。しかし、ご本人(にゃん)の中では、きっと「永遠の少女」だと思っているような、いないような。

 そのせいか最近、元々あった前足の付け根のハートの模様がよりくっきりしてきました。


f:id:namitofuu:20211103205402j:image

 少し痩せたからなのでしょうか?

 でも、我が家のお姫様ですから、ハートの模様がとてもキュートです。

 息子ととても仲良しで、今は一人で二階に上がることは、めっきり減ったにもかかわらず、息子が誰が起こしてなかなか起きないでいると、突然、なみが上がってきて、部屋のなかへ。これにはさすがの寝坊助君も起きてきました。


f:id:namitofuu:20211103210442j:image

 

 

 

秋の丹波で黒豆を買ってきました。

 10月14日、秋晴れの一日、丹波に行ってきました。車で、丹波に入るとあちらこちらに「黒大豆」ののぼりが立っていました。


f:id:namitofuu:20211016181723j:image

 その中で目に留まって入ったのが、「ヨサカイ農園」でした。畦道に車を停め、テントに入ると前のお客さんが、「四件食べ比べて、ここが一番美味しかったから、もう一度買いにきたの。」と。それを聞いて女の人が「今が一番忙しくて90 歳のおばあちゃんにまで手伝ってもらってるの。」と言うと、隣のおばあさんがニッコリ❗若い❗さすが枝豆パワーです。

 早速、買おうとしたのですが、枝から豆をはずす作業が追い付かないとのことで、畑のなかにいるお父さんに声をかけて、引き抜いてきてほしい、そうすれば、ここにハサミがあるから豆を外して持ち帰ることができます、とのこと。

 畑に行くと、予想よりはるかに大きな黒豆の大木でした。2本買って、豆を測ると1.7キロもありました。一本500円。二本で1000円。かなりお得な気分でした。

 家に帰ってすぐに湯がいて食べました。


f:id:namitofuu:20211016181914j:image

 アチアチの枝豆は、少し苦味があってととても味が濃いのです。黒ビールと一緒に頂きました。

 丹波の城の駐車場にとめると、市内に向かいました。平日にもかかわらず、沢山の人がいました。焼き栗、松茸、もちろん枝豆。

 いつもは骨董屋さんを冷やかしたり、酒屋さんに入るのですが、人が多いので、お目当てのパン屋さん「アインコルン」だけにしました。ここの一押しは、もちろん黒豆パン。


f:id:namitofuu:20211016183235j:image

 素朴なパンだけど、すこし固めの黒豆と柔らかいパンがしっくりあっていて、ここの黒豆パンが一番好きです。そして、パン粉をサービスでくださるのも嬉しいところです。明日は豚カツに使います。

 お城の周りの堀をぐるっと回ると、懐かしい風情のある河原町に着きます。とても落ち着いた通りで、大好きなのですが、食べもの屋さんが少ないのが残念。

 でも、この通りの端のほうに「鯛の箱鮨処 三笠鮨」があります。とてもレトロな雰囲気が落ち着きます。箱寿司を注文すると、九貫のお鮨が出てきます。ネタの部分が「鯛と薄焼き玉子」「鯛とそぼろ」の二種類。鯛の下に山椒の葉が挟まれていて、食べるとそっと香ります。少し辛めの醤油だれが塗ってあって、お昼にはちょうどよい。

 河原町には骨董屋さんやいい感じの焼き物屋さんが点在しています。今回は、「ハクト屋」さんに行きました。ここの面白いところは、丹波にありながら、アジアンな食器や沖縄、信楽焼なんかも豊富です。前回は、タイルやカウベルを買いました。今日は、手のひらにすっぽり入るグラスを探しました。沖縄のいい感じのブルーのグラスをゲット。涼しげだけど、これからの季節に日本酒をいれてもいいかもしれません。


f:id:namitofuu:20211025174521j:image


 

 

 

 

初心者弓道教室 第二回目

 
f:id:namitofuu:20211010083234j:image

 先週から始めた弓道教室。二回目の内容はまずは、前回のゴム弓を用いての、射法八節の復習。そして、入室、退室の練習。

 入室の際には、左足から入り右足、左足を揃えて上座に拝礼。左足を踏み出しその左足のかかとを擦って直角に右足を踏み出し、左足(?_?)

この辺りで完全に足は自分のものではなくなりました❗

 昼からは、実際に弓矢を用いて1メートルほどのところにある畳の的に打ちます。しかし、これがまたゴム弓と全く違いました。まず、指の短い私には弓を持ち変えて、左の人差し指を弓の下に持ってくることは至難の技です。さらに矢を持つ右手にはめる「掛け」というものが初め親指の下側に当たっていて、痛くて痛くて‼️それが正しいか分からないのですが、変えて頂いて痛みはなくなりました。でも、どうしても親指を中指の下に持ってくることができないんです。焦ると手のひらが上を向いてしまい、ポロンと落ちてしまいます

。ようやく「会」の形になって矢を放つと、ものすごい音で畳に刺さりました。本当に武器なんですね。怖くなりました。


f:id:namitofuu:20211012161529j:image

 あとは「礼」についてのお話を伺いました。

 朝の8時半から昼の3時まで今回もしっかりありました。終わると、よれよれです。

 三木市弓道会の方々には一日中手取り足取り教えて頂き、本当に感謝しております。

太子町にある斑鳩寺に行きました。



 兵庫県揖保郡に聖徳太子に縁のある太子町があります。そこにあるのが「斑鳩寺」。

 奈良とは関係のなさそうなのに、「なぜ?」と以前から思っていました。

 太子龍野バイパスの太子東で降りてまっすぐ..

 とてもわかりやすい場所です。


f:id:namitofuu:20211012151844j:image


f:id:namitofuu:20211012151911j:image

 駐車場の前に、仁王門があり、なかなか個性的な金剛力士像が迎えてくださいました。


f:id:namitofuu:20211012151754j:image


f:id:namitofuu:20211012151814j:image


 右手には三重の塔。


f:id:namitofuu:20211012152011j:image


f:id:namitofuu:20211012152207j:image

 

 正面には講堂。本来ならここには、釈迦如来像、薬師如来像、如意輪観世音菩薩が納められているのですが、この日は貸し出されていて見ることはできませんでした。


f:id:namitofuu:20211012152110j:image

 左手には聖徳殿。聖徳太子16歳の孝養像が前にあり、後ろには法隆寺夢殿を模した八角堂があります。


f:id:namitofuu:20211012152243j:image

 斑鳩寺を出て五分ほど歩くと、稗田神社がありました。ここには、「古事記」の稗田阿礼聖徳太子の膳婦人が祭られているそうです。静かな風情のある神社でした。


f:id:namitofuu:20211012152900j:image

 

兵庫県太子町の斑鳩寺は、聖徳太子が訪れたわけではなく、勝鬘経を講じたことに推古天皇が褒美として播磨国揖保郡を賜り、寺を建てたものだそうです。また、1541年に焼き払われたが、その後赤松氏に再建されている。しかし、至るところに聖徳太子の残り香を感じられる素敵なお寺でした。